七転八倒

おっさんの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8/14飛騨信州ツーリング1日目

初日ルート
鶴見区セブンイレブン~第二京阪門真IC~京滋バイパス~名神高速~東海北陸道郡上八幡IC~国道256~地方道86~ささゆりトンネル~国道41~地方道88~県道437~鈴蘭スカイライン(県道441)~県道435~県道463~国道361~野麦峠(地方道39)~地方道26~国道19~
国道361~杖突街道(国道152)~国道20~下諏訪の宿泊地



いつものセブンイレブンに朝6時集合。


集合したときは雲行きは怪しいものの雨は止んでいたのですが、カッパを着用して祈りつつ出発。



祈りも届かず途中からパラパラ降りだし、養老SAで小休憩と燃料補給。郡上八幡で高速を降りる頃には本格的に雨に



下呂市内で二度目の燃料補給したのち、鈴蘭スカイライン入り口手前にある道の駅はなももで休憩。

ここはすぐ裏に小坂川が流れていて、川に降りる階段なんかもあり、癒される道の駅です。晴れていれば・・・

ここでみたらし団子を食べたのですが、味付けが醤油のみっぽくて磯辺巻きの様な味で、甘辛いみたらししか食べた事しかなかったので

衝撃を受けましたが、かなり美味しかったです。

帰ってから調べたところ、飛騨地方で食べられているのは『みだらしだんご』といって全く別物なんですね。

そう言われると、みたらしだんごではなく『みだらしだんご』って書いてたのかもしれないなぁ。



道の駅はなももを出発し、鈴蘭スカイラインを通り御嶽山を望める大平展望台へ。

到着する頃には雨もあがっていて喜んでたんですが、御嶽山が見えるどころか手前にある角助山さえ霧でほとんど見えんし・・・

写真?撮る気にもなりませんでした。





チャオ御岳前を通り、野麦峠山頂のお助け小屋で昼食。







野麦定食1300円






あぁ野麦峠は悲惨な工女の話しですが、野麦峠に来るにあたり色々調べると左翼的歴史史観であったのがわかります。

まぁ出版社も従軍慰安婦捏造の朝日新聞社ですからね。もちろん悲惨な話も悲しい話も死人が出たことも事実としてあるようですが。

知りたい方はggrksご自身でお調べ下さい



その後国道19号に出たあたりでどしゃ降りに。権兵トンネルから伊那市内に出て杖突街道を抜け茅野市から20号で下諏訪の諏訪大社秋宮境内あるホテル山王閣に16時半ごろ到着。

到着後すぐに温泉に入りに。温泉からは諏訪湖が一望でき非常に眺めがよく、長距離の疲れも癒せた。

お盆休み中なのに料金もビックリするくらい安かった(二名一室二食付き 一名8150円入湯税込み)ので、食事はあまり期待していなかったのですが、食べきれないほどのボリュームに大満足でした。



翌日は雨が降りませんようにと祈りつつ就寝。













取り付けた中華製インカムのインプレですが、使用しているヘルメットによってかなり変わるようです。

アライ着用のエロちゃんは120キロでも普通に会話聞こえてたらしいのですが、ベル着用の私は100キロあたりで

風切音などで何を言ってるのか聞き取るのが難しい状態でした。

あと防水性については土砂降りの中も続けて使用しましたが、時折ハウリングを起こしたりしていましたが使用は出来ていました。

ただ雨の中使用し続けていると、インカムでの会話を切断し音楽を聴いて走っていても、どちらからも呼び出しをしていないにも関わらず、

勝手にインカム会話がつながったりしていました。

まぁ値段を考えると充分な性能かと思われます。壊れたらいいやつ買うかって感じです。



スポンサーサイト

| ツーリング | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabotapo.blog130.fc2.com/tb.php/93-df062e2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。